レンタカーの存在

あっという間に到着

自動車を保有する時は自分でお金を出して購入するのが通常のパターンです。

しかし、自動車を借りるというパターンもあります。
これがレンタカーです。
レンタカーは自動車を保有している会社から一時的に借りることを指します。
現在では全国でこのレンタカーサービスが展開されており、どこにいっても利用できるようになっています。

また、レンタカーの中にもカーシェアリングという制度もあり、レンタカーよりも短時間で借りられるものもあります。

レンタカーの利点
自動車を購入する利点は好きな時に好きなだけ利用できるところです。
しかし、車両本体価格や各種税金、駐車代がかかります。
全体の金額が非常に高いのです。
一方のレンタカーは自分の自動車にはなりません。
あくまでも自動車の権利はレンタカー会社にあります。
しかし、車両本体価格や各種税金、駐車場代がかかりません。
利用する時だけお金を払えば良いのです。

街中にレンタカー会社があるだけでなく、羽田空港のような大きな空港から小さな空港にまで存在しています。

利用料金の相場は12時間コースから利用でき、数千円程度から用意されています。